スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

zumba ダイエット

「プーアールティーカプセル」と言う中身はプーアール茶の粉末が100%入っている商品があります。これを利用してのダイエットを「レーサーダイエット」と言う様に呼んでいます。



何故こう言う名前が付いたかと言うとF1レーサーである松田次生選手がプーアール茶を3ヶ月間飲み続けたと言う事で12キロのダイエットに成功したと言う事なのでプーアール茶でダイエットと言う事が話題になり、職業から名前を取り「レーサーダイエット」と名付けられたそうです。



今までもウーロン茶とかお茶を使ってダイエットすると言う方法はたくさんありました。しかしそのどれもがお茶っ葉を煮出して飲むと言う方法でちょっと面倒だと言う人も多かったと思います。



しかしこの「プーアールティーカプセル」はプーアールティーが粉末になってカプセルになっている物なので手軽に摂取する事が出来ます。それも凄いのはこのカプセル1個でプーアール茶500mlと同等の成分量が含まれていると言うから凄いですよね。



カプセルの形をしているので「薬じゃないの?」と不安に思う人もいるでしょうが、中身は100%プーアール茶の粉末で、プーアール茶の成分であるカテキンやビタミン、ミネラルも含まれており、カプセルから出して粉末をお湯に溶かす事で普通にお茶として飲む事が出来る為安心して摂取して戴けると思います。



プーアール茶は脂肪を分解する力が他のどのお茶よりも優れている為に結果的にダイエットに繋がっていくと言う事になります。




●クリニック仕様のダイエットサポートサプリメント!

●ダイエット理論「マフェトン理論」を取り入れ!

イディット


“zumba ダイエット”の続きを読む>>
スポンサーサイト
ダイエットの種類 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

バナナダイエット

「レーサーダイエット」とは「プーアールティーカプセル」を毎日続けて飲むだけで痩せる事が出来ると言うダイエット方法です。この「プーアールティーカプセル」にはプーアールティーの成分が凝縮されて入っており、それがサプリメントで簡単に摂取する事が出来ると言う訳なのです。



何故「プーアール」なのに「レーサー」と言う名前が付けられる様になったかと言うと、プロレーサーである松田次生さんが毎日プーアールティーを飲み続けて3か月で12キロも痩せる事が出来たと言う事がきっかけになった様です。



レーサーダイエットは今や口コミでも評判になっていて、段々ダイエット方法として認知されてきました。



今「漢洋堂」と言うショップでお試しキャンペーンを行っている様で手軽に始める事が出来る様になっています。また万が一ダイエット効果が出なかった場合には全額返金してくれると言うサービスもある様なので今が試し時かもしれませんね。



ここでレーサーダイエットの特徴について説明してみます。

・面倒な手間が一切なく、飲むだけと言う手軽さなので誰でも続けやすくなっています。

・カプセル1個に対し500mlのプーアール茶と同じ成分が含まれています。同量のお茶を飲まなくてもいい分手軽さが増しますよね。



「レーサーダイエット」で使われる「プーアールティーカプセル」の原材料となっているプーアール茶葉は「特級茶葉」と言う10階級中最高級の茶葉を使っていますので、更に安心して頂けると思います。




●クリニック仕様のダイエットサポートサプリメント!
●ダイエット理論「マフェトン理論」を取り入れ!
イディット


“バナナダイエット”の続きを読む>>
ダイエットの種類 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

レコーディングダイエット

「漢洋堂」で販売されている「レーサーダイエット(プーアールティーカプセル)」の効果について説明してみたいと思います。但し効果には個人差がありますので皆が効果を得られる物では無いと言う事だけは覚えておきましょう。



「レーサーダイエット」では1日に5~10粒を摂取する様になっています。1袋100粒入っていますので最大20日間分(最低10日間分)と言う事になります。



最近流行っているダイエットの中に「マイクロダイエット」や「豆乳クッキー」みたいな食事をダイエット食品に置き換えると言うタイプの方法があります。当然食事からはカロリーを摂取しないので、カロリーが低い分痩せてしまうのは当然だと思います。しかし難点としては空腹を満たす事が無いので辛い思いをしなくてはならないと言う事が挙げられます。



それとは違ってこのレーサーダイエットは食事制限を特にする事もなく、しっかりと食べ、体内に余分な栄養を吸収させず、更に脂肪を燃焼させてくれるので空腹で辛い思いをする事はないと思います。



このカプセルを飲むタイミングみたいな物は袋に記述されていないのでいつ飲んでいいのか分からないと思いますが基本的には自分がいつもお茶を飲むタイミングで良いらしいですが、何粒飲んだか分からなくなるので、毎食後飲んでみるとか、毎食前に飲んでみるとか自分の中で飲むタイミングを決めて飲んでみる事をお勧めします。

もちろんこのカプセル、100%お茶の粉末だけを使用していますので安心して摂取出来ると思います。




シークレットノウハウレポート


“レコーディングダイエット”の続きを読む>>
ダイエットの種類 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

下半身ダイエット・・・エクササイズ

下半身の太さがどうしても気になる方、下半身を中心にダイエットしたい方は多くいるのではないかと思いますが、下半身を引き締めるひとつの方法がやはり、日々のエクササイズであると言えます。

フィットネスクラブに行けるのであれば一番良いのですが、自宅でもできるヒップから太ももにかけてのエクササイズの方法のひとつとして、スクワットがあげられます。

しゃがんだ姿勢から太ももの力で徐々に立ち上がり、完全に立ち上がった時にヒップから太ももの裏の筋肉が完全に収縮されるように意識して立ち上がり、完全に収縮された状態を約2秒保ちます。

そして、ゆっくりとスタートのしゃがんだ位置まで戻します。

しゃがんだ時にヒップから太ももの裏側が完全に伸びる状態を意識します。

この繰り返しがスクワットです。

次に、ふくらはぎのエクササイズです。

ふくらはぎには大別して2つの大きな筋肉があるのですが、ひとつは、背伸びしてふくらはぎの裏側が2つに割れる筋肉、もうひとつはその筋肉の外側にあるヒラメ筋です。

フィットネスクラブに行けば、それ専用のマシンがあるかもしれませんが、ここではフルレンジの動作を心がけます。

階段や小さな段差などを利用し、スタート位置のふくらはぎの筋肉が完全に伸びた状態にし、ふくらはぎの裏側の筋肉を使い徐々に背伸びするように上げていきます。

上まで上がった状態でふくらはぎの裏側の筋肉を収縮させ、この状態で2秒ほど保ちます。
この時ふくらはぎの外側のヒラメ筋も使っているかどうか触って確認します。

自分の体重では軽いようならダンベルなどを持ってやると良いです。

回数に関しては、スクワット、ふくらはぎ共15~20回が目安になりますが、ふくらはぎのエクササイズはもう少し増やして30回ほどでも良いのではとされています。

重量に関しては上記の回数を全力でやってやっとできるくらいの重さに設定します。
これを2~3セットするのが適当なようです。

ダイエットを目的としているなら、これらのエクササイズは毎日行っても構わないようですが、
時間がとれない場合は有酸素運動を優先した方が良いようで、1日、2日間隔が空いても気にする事は無いようです。

ひとつ気に留めていただきたいのは、ダイエットをする場合、まずは食事と運動の差し引きが大きな要素になってくるので、部分痩せすることだけを目的としてエクササイズだけしてもあまり効果はないようです。

部分痩せをする前に全身のダイエットを優先させる事が大切で、バランスを考えながら全身のダイエットをしたうえで、どうしても気になる場合は下半身痩せなど、部分的なダイエットを取り入れるのが大切になってきます。

かなり多くの人が下半身痩せなどを望んでいるようですが、多くの場合普通のダイエットで解消される事が多いようです。





ダイエットの種類 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

下半身痩せとは

ダイエットを考えている人々の中によくある疑問に「上半身に比べ下半身が太っている」、「下半身ばかりが太っていてズボンが履きたくない」、「下半身が太っていてズボンにシャツを入れられない」→「どうしたら下半身痩せができますか」というものがあります。

この疑問をもつ人はほとんど100%が女性であると言われています。

しかし「下半身太り」というのは本当の事なのでしょうか。

女性の多くが、自分の事を下半身が太っていると思いがちです。

しかし周りの人はそれについてどう思っているのでしょうか。

逆に自分が周りの人を見た場合下半身が太っている人はそんなに多いでしょうか。

それ以上に自分が太っていると思い込んでいる人が多いのではないかとも思われます。

しかし、下半身に比べ、上半身の方がよく体を動かすという事などもあり、上半身より下半身のほうが太りやすい要因は確かにあるそうです。

まず、体の中で一番動かしているのは「まぶた」、次に「指」、そして「肘」、「手首」と続きます。

優先順位から考えると上半身を間違いなく動かしている事がよく分かります。

理由は座っていても寝ていても動かせるからです。

もう1つ理由があります。
日常生活の中で、上半身は意外とストレッチ系の動きをしている事が多いです。

これに比べて一定の動きしかしないのが下半身です。

例えば、座る、歩く、眠る、あまりバラエティーに富んだ動きは期待できません。

自分の気になるお肉が下半身のどの辺りについているかよく見てみると、たいていお尻から太ももの後ろにかけてや、ふくらはぎの内側などではないでしょうか。

逆に日常で良く使う太ももの前面などは筋肉のキレが目立ったりするほど脂肪はついていないのではないかと思います。

そしてたまに運動をすると、このお肉のついている周りの筋肉が筋肉痛になるのではないでしょうか。

それだけ日常生活でこの部分を動かしていないといえるのです。

それでは、どうしても下半身の太さが気になる方はどの様な事をすればいいのでしょうか。

日常的に動かさないなら、時間を作って動かせば良い事が分かります。

なんと言っても、筋肉が完全に伸びた状態から筋肉がこれ以上収縮できないという範囲で脚をうごかすエクササイズをすることです。

やはり部分的な引き締めにはエクササイズが最適なようです。






ダイエットの種類 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

Copyright © 話ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。