スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

食事はしっかり摂ろう

ダイエット成功のためには運動だけでは不十分です。
毎日食べているものに少しだけ気を使えば、身体の変化もより早くなるでしょう。
肥満気味になった原因は運動不足と不規則な食事にあると思います。
筋トレと有酸素運動で運動不足をカバーした後は、きちんとした食事を摂るように心がけましょう。


ダイエット成功のための食事としては、たんぱく質炭水化物脂肪ビタミンミネラル5大栄養素をバランスよく摂取することが大切です。
しかし現代の食生活の問題は、この栄養素が足りないのではなく、取りすぎることにあります。
そして特に問題となるのが脂肪です。


現代の食生活では、たんぱく質や炭水化物はきちんと摂取できています。
そのため脂肪を減らすことを心がけることが、栄養バランスを考える近道となります。
あとは野菜を多く摂るように食事を考え、適宜サプリメントなどで補給していくのもひとつの方法です。


ダイエット成功の秘訣は運動と食事のバランスです。
運動もそれほど毎日みっちりすることはありませんし、食事も栄養バランスさえ見直せば、そこまで食事量を減らす必要はありません。
余分なカロリーなどは、日々の運動が解消してしまいます。
このようにバランス良くおこなうことが大切なので、決してダイエットは辛いものではありません。


スポンサーサイト
スポーツダイエット | | トラックバック:(0) | コメント(-)

運動の前と後にはストレッチを

ダイエット成功には運動前後のストレッチも必ずおこないましょう。
ストレッチは筋肉の柔軟性を高め、稼動域を広げてくれます。
稼動域が広がれば、故障も減りますし、筋肉がスムーズに動くので、筋肉のパフォーマンスも上がり、筋肉が燃焼しやすくなります。


ストレッチには、運動で溜まった筋肉中の疲労物質を除去し、筋肉のコンディションを整えてくれる役割があります。
特に運動後すぐにストレッチをおこなえば、疲労の蓄積も少なくてすみます。
ストレッチをすることで、筋肉を最適なコンディションにもっていくことができます。


ストレッチで注意してほしいのは、間違えたやり方をすることで筋肉や筋を痛めてしまうことです。
筋肉は無理をして伸ばしてもいいことがありません。
それどころか痛みを感じるまで伸ばした筋肉は、逆に収縮してしまい、伸ばしているのに縮んでしまうという悪循環に陥ります。
グイグイと押すストレッチは危険です。


ダイエット成功のためのストレッチとしては、全身の力を抜き、深く息を吐きながら、伸ばしたい箇所を意識しながらジワジワ伸ばしていきます。
力任せで伸ばそうとするのではなく、伸びようとしている筋肉をサポートしてあげるような感じでおこなうことが大切です。






スポーツダイエット | | トラックバック:(0) | コメント(-)

有酸素運動+筋トレ

ダイエット成功のために脂肪を燃焼させるには、有酸素運動が適しています・・・と先日書きました。
この有酸素運動の弱点は、かなりしっかりやっていても効果が見えてくるのは1ヵ月後ぐらいからになるということです。
そのため更に短期間でダイエットを成功させたい場合は、筋力トレーニングを並行しておこなうことをおすすめします。


有酸素運動だけでは短期間で効果的に脂肪を落とすという意味では少々難しい部分があります。
なぜなら、人間の身体は有酸素運動を続けていると慣れてきてしまい、脂肪が燃えにくくなってしまうからです。
人間の身体は適応能力が高いために、あまり負荷の少ない運動に対しては慣れてしまうようです。


ダイエット成功のためには有酸素運動に並行して筋力トレーニングをおこなうほうが良いでしょう。
筋力トレーニングで筋肉量を増やして基礎代謝を上げることが大切です。
その上で有酸素運動をおこなえば、1回の運動で消費されるエネルギーは比べものにならないくらいに増えてくるでしょう。


ダイエット成功のためには楽しく続けられるものでないといけないと思います。
そしてそれには短期間である程度、目に見える形で効果を実感できないといけません。
それから辛くないものでないといけません。
適度の筋力トレーニングと、適度の有酸素運動だけでも充分にダイエットは成功すると思います。





スポーツダイエット | | トラックバック:(0) | コメント(-)

有酸素運動で脂肪燃焼

ダイエット成功のためには脂肪を落とさなくてはいけません。
その脂肪を落とすために、一番有効な方法は有酸素運動です。
有酸素運動の基礎となるのは、心拍数です。
この心拍数が定めた値になるかが勝負となります。
つまりダイエット成功のためには脂肪燃焼に最適な目標心拍数で、どれだけ長い時間いられるかにかかっているのです。


ダイエット成功の目安となる脂肪燃焼のための目標心拍数とはどのような数値なのかご存知ですか?具体的な算出方法はあるのですが、もう少し分かりやすく説明をしたいと思います。
脂肪燃焼が目的ならば、そんなに激しい運動は不要です。
ジョギングの場合なら、一緒に走っている人とラクに話せる程度で充分です。


ダイエットをしている人で、有酸素運動が辛いと思っている人は、単に心拍数が高すぎるだけです。
人と話せる程度のジョギングでいいのですから、そんなに構える必要はありません。
有酸素運動脂肪燃焼をするには、あとは運動する時間と頻度だけです。


ダイエット成功に必要な有酸素運動の量としては、出来れば毎日するのが望ましいのですが、最低でも週に2回程度1回20分以上と考えていただければ大丈夫です。
これさえしっかり守っていただければ、脂肪は必ず減りますし、引き締まった身体になることも出来ます。






スポーツダイエット | | トラックバック:(0) | コメント(-)

インナーマッスルを鍛えよう!

ダイエット成功のためにはインナーマッスルを鍛える必要があります。
ただインナーマッスルを鍛えるという感覚とよりは、インナーマッスルを動かす神経を鍛え、筋肉を効果的に動かすトレーニングをするべきです。


ところでインナーマッスルとはどのような筋肉をいうのでしょうか。
分かりやすい箇所でいうと、股関節の場合だと、腸腰筋大腰筋小腰筋腸骨筋などの筋肉がインナーマッスルとなります。
特に腸腰筋は腰痛に直結する筋肉となりますので、しっかりとケアをすることが大切です。


ダイエット成功のためのインナーマッスルのトレーニングは、わざとバランスを崩すことでカンタンに出来ます。
例えば通常おこなうトレーニングをバランスボールの上でおこなうことで、インナーマッスルも一緒に鍛えることが出来ます。
またただバランスボールの上に座っているだけでも効果があります。


ダイエット成功のためにはバランスがとれる身体つくりが不可欠です。
身体のバランスが崩れていると、不自然なところに脂肪がつきやすくなります。
不自然なところについた脂肪は、トレーニングを続けていてもカンタンにはなくなってはくれません。

そのためダイエットは筋トレとバランスを鍛えるために、インナーマッスルを同時にトレーニングをするといいでしょう。


スポーツダイエット | | トラックバック:(0) | コメント(-)

Copyright © 話ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。