スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

レコーディングダイエット

短期間でやせたいけど運動をするのが苦手、という人におすすめなのが、超高速振動によってマッサージしてくれる「スレンダーシェイパー」です。



ランニングマシンで走ったときのお腹は、5分間で536回振動しているそうです。

一方、「スレンダーシェイパー」を使用すると、9306回も振動するそうです。

このことからも、いかに「スレンダーシェイパー」が超高速で振動しているのかが分かりますよね。

そしてその振動が、余計な脂肪を揺らし、さらに奥にある筋肉にまで伝わるのです。

それにより、身体を自動的にエクササイズしている状態へ導くのです。



「スレンダーシェイパー」の人気の秘訣は、コンパクトなサイズで場所をとらないことと、5段階に調節できる優れた機能です。

また、テレビを見ながらや、ソファにゆったりと座りながらでも、シェイプアップできてしまうのが嬉しいですね。



「スレンダーシェイパー」は、太ももやお腹、二の腕など、気になる部分に巻くだけで良いので、しっかりとその部分をエクササイズできます。

特に、ウエストの部分に巻けば、腸が活発に動き、便秘を解消することもできるそうです。

また、脚がむくんだときや、改善しにくいセルライトの対策にも効果的です。

高速振動によって効果的にマッサージしてくれることで、次の日には脚がスッキリして軽く感じます。



運動が苦手な人にとっては、身体を動かさなくても、自動的に燃焼しやすい体を手に入れられるので、本当に夢のようなダイエット法ですね。

もっと高い効果を望む人は、「スレンダーシェイパー」に加え、軽い運動を心がけると良いですよ。




シークレットノウハウレポート


スポンサーサイト
ダイエットの話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

ダイエット食品

短期間で行なうダイエットと長期間で行なうダイエットでは、それほど違いはないと言っていいでしょう。

短期の目標に向けて集中してダイエットに没頭するのか、それとも月単位で落とす体重の目標を決めて徐々に落としていくのか、違いと言ったらそれくらいでしょう。



短期ダイエットが成功したとしても、その後すぐに、ダイエット前の食べ過ぎていた生活に戻してしまっては、苦労して耐えた短期ダイエットの努力が台無しです。

体重を減らすためにカロリーを少なく摂ってきた分、体はカロリーを要求している状態です。

だから、ダイエット前と同じような食事をしていては、体内に取り入れるカロリーは、今まで以上になってしまいます。

大切なのは、短期ダイエットを終了してからの生活です。

理想的なのは、そのまま長期的なダイエットに移行することですが、ダイエットを続けなくても、すぐに以前と同じような食生活に戻さずに、徐々に戻していくようにしましょう。



短い期間で集中的に行なうダイエットは、いつでも体重のことが頭から離れず、精神的にもストレスをためてしまうかと思います。

ダイエットを終えてから、ストレスを解消させることが大切になってきますが、注意してほしいことは、そのストレスを発散させる方法についてです。

食べることでストレスを発散していては、まったくダイエットした意味がありません。

有効な方法としては、温泉に入ってゆったりと過ごしたり、アロマテラピーなどでリラックスできる環境づくりを心がけたり、ショッピングに出かけたりすることも気分転換になりますね。



楽しみながら短期ダイエットをこなし、体重が徐々に減っていくことに、嬉しさを感じるようになれば、そのままダイエットを続けていくチャンスです。

理想的な体を手に入れることができれば、自信をもつことができ、人生が楽しくなること間違いなしですよ。




シークレットノウハウレポート


ダイエットの話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

ダイエット レシピ

ダイエット中は、大好きな料理や甘いものを絶対に食べてはいけない、と神経質になりすぎては、ストレスがたまってしまい、逆に暴食に走ってしまうことがあります。

ダイエットを成功させるには、広い心をもち、少し息抜きをすることも大切です。

ついつい食べ過ぎてしまった・・・と落ち込まずに、その後の食生活をちょっと工夫するだけで、食べすぎたことをなかったことにできるのです。



それでは、食べ過ぎてしまった時にリセットできる、おすすめのダイエット方法を紹介します。

この方法は、3日間という短期間で調整するものです。

たった3日間だけ集中すれば良いのなら、比較的やる気になれると思います。



たとえば、1日の摂取カロリーの目標が、1500kcal程度に抑えているのなら、3日分で考えると4500kcalになります。

食べ過ぎて偏ってしまった分を、その後の2日間で分けて調整するという方法です。



カロリーだけでなく、食事の内容や栄養素についても、3日単位で見直してみましょう。

たとえば、肉や魚などのたんぱく質を摂りすぎているのなら、その後の2日間は野菜中心のおかずにして、主食としてご飯やパンなどを加えるようにします。



食べ過ぎてしまった次の日に、急に体重が増えるわけではないですが、すぐこのリセットダイエットを実践した方が、効果が現れやすいそうです。

食べ過ぎてしまったら、その後の2日間少し工夫するだけでリセット効果が得られるので、決して諦めずにがんばってみてください。




シークレットノウハウレポート


ダイエットの話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

ダイエット日記

食べ過ぎてしまった翌日から、2日間食事を少し工夫するだけで、摂りすぎてしまったカロリーを取り消しにできる「リセットダイエット」は、とても有効な方法だと思います。

これは、リセット期間中に、少なめの主食と野菜、そして水分の摂り方によって、効果を発揮します。

それでは、リセットダイエットのポイントを紹介します。



ダイエット中だからといって主食を抜いてはいけません。

ご飯やパン、めん類といった主食は、体内機能をスムーズにして、正常に代謝を保つためには欠かせない栄養です。

炭水化物が不足してしまうと、体が重たく感じたり、甘いものを食べたくて我慢できなくなったりすることがあります。



主食としておすすめなのが、フランスパンやドイツパンなどの噛み応えのあるパンや、低カロリーのベーグルです。

また、食物繊維やビタミンが豊富なジャガイモは、茹でたり電子レンジで加熱したりして、主食として添えても良いでしょう



代謝を上げるために、毎日摂って欲しいのが、ビタミンとミネラル豊富な野菜です。

いも類も含めて1日に摂りたい野菜の目安は350g程度です。

それだけの量を生野菜で摂ろうとすると、かなりの量になってしまうので、料理の工夫をしましょう。

たとえば、ほうれん草はお浸しにしたり、味噌汁に野菜をたっぷり入れたりすると、たくさん野菜を摂ることができます。

2日間の食事が飽きないように、きのこ類や根菜、葉物野菜など、さまざまな素材を使い分けましょう。



水分も食事中には欠かせません。

とくにリセット期間中は、代謝と排出を円滑にするために、お茶か水を多めに摂りましょう。




シークレットノウハウレポート


ダイエットの話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

骨盤ダイエット

「国立病院ダイエット」は、危険なダイエット法として知られています。

このダイエット法は、「デンマーク国立病院で考案された」とか、「アメリカの病院Mayo Clinicで開発された」と言われていますが、そのどちらも作り話だそうです。



このダイエットを行なうと、2週間で体内組織の中で化学変化が起きる、と言われています。

しかし、実際のところ、体内組織において化学変化が起きることは、あり得ないのだそうです。



また、このダイエットを終えた頃に、体内組織が変化して、余計な栄養素を必要としなくなるので、食欲がなくなり太りにくい体質なると言われます。

ところが、はっきり言ってあり得ないことだそうです。

実際は、まったく反対で、体内組織が不足している栄養を欲するので、リバウンドして必ず太ってしまいます。



さらに、卵を食べることをすすめるこのダイエット法は、コレステロール値が高くなることがあり、大変危険と言えます。

最悪の場合は、心筋梗塞を引き起こしてしまう場合もあります。

また、全体的に栄養が偏っているので、体調を崩すこともあります。



この「国立病院ダイエット」をはじめとして、私たちの周りには、栄養バランスが偏っていて、しかもカロリーが極端に低いダイエットが溢れています。

このようなダイエット法を実践して、深刻な症状を引き起こしてしまった人は多いと思います。

さらに、これらの方法でやせたとしても、必ずリバウンドして元に戻ってしまったり、それ以上に太ってしまったりする場合もあります。

やはり、3食バランスの良い食事を摂り、適度な運動を心がけることが、もっとも効果的なダイエットでしょう。




シークレットノウハウレポート


ダイエットの話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

朝バナナダイエット

私たちの身体は、エネルギーを備蓄するために体脂肪をためようといます。

まら、体脂肪以外にも、グリコーゲンとして肝臓や筋肉にエネルギーをためています。

そして、栄養が不足した場合に、グリコーゲンなどのエネルギーを優先的に使おうとします。

だから、余分な体脂肪を減らすには、グリコーゲンなどの備蓄されたエネルギーを、まず使い切ってしまうことが先になります。

そこで、肝臓、筋肉、そして血中の栄養すべてを使い切って、最後に残された体脂肪をもっとも効率よく燃焼させるには、断食することが最適だそうです。



断食は多くの宗教で行なわれているように、精神修養にとっても大きな役割を果たします。

最近の研究からは、断食をすることで、免疫機能が増強されたり、ストレスをためにくくなったり、リラックス感を得たりする効果があることがわかっています。



ただ、長期間の断食をすると、エネルギーの供給が体脂肪では追いつかなくなり、エネルギーとして体内にあるたんぱく質、つまり筋肉が使われてしまいます。

そうなると、筋肉が落ちてしまい、リバウンドの原因となるので、2日以上の断食は行わないようにしましょう。



おすすめの断食のやり方は、1日目が断食の準備日、2日目が断食本番、3日目が復帰の日、と3日間で段階的に行う断食法です。

この方法なら健康を損なうこともないですし、金曜日に準備をして、土曜日は断食を行い、日曜日は復帰、と週末を利用すれば、毎週行なうことができてとても効果的です。




シークレットノウハウレポート


ダイエットの話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

簡単ダイエット

正しい「プチ断食」の進め方を具体的に紹介します。

「プチ断食」は3日間で行なうので、土日休みの人は、週末を利用すると良いです。

それでは、金曜日から始めるとして、説明していきます。



まず1日目の金曜日は、「予備断食」とします。

1日目から急に何も食べずに、お腹の中を空っぽにしてしまっては、胃が傷ついたり、ムカついたりします。

2日目の本断食がスムーズに進められるために、次のことに注意してください。

昼食は、お腹いっぱい食べずに、腹八分目までにしましょう。

夕食は、寝る3時間前には済ませて、いつもの半分程度の量にしてください。

1日を通して、いつもより多めの水分を摂るようにしてください。

また、お酒は控えましょう。



2日目の土曜日は、いよいよ「本断食」です。

水以外のものは何も食べたり飲んだりしてはいけません。

断食をすると、一時的に血圧や血糖値に低下することがあるので、激しい運動はしないでください。

ゆっくりと散歩したり、公園やお部屋で読書をしたりして過ごすと良いでしょう。

また、脱水状態になりやすいので、いつもよりも水を多めに飲むようにしてください。

しっかりと予備断食を行なった人は、お昼を過ぎた頃に、脂肪燃焼機能が働きだしたことを感じるかもしれません。



3日目の「復帰」の時期は、もっとも断食において重要となります。

よりダイエット効果を上げるためにも、朝食はお粥一杯を、よく噛んでゆっくりと食べましょう。

朝食を摂る前に、散歩を軽くするくらいの気持ちをもてると良いです。

断食したことによって、味覚や嗅覚、視覚などが敏感になっているので、梅干一粒とお粥一杯だけでも、驚くほどおいしく感じると思います。

なお、この日の昼食と夕食は、いつもの半分くらいの量にしましょう。

ここで思いっきり食べてしまうと、せっかくの断食の効果が台無しになってしまいます。



「プチ断食」はたった3日間ですが、修行した気分になり、きっと心も身体も心機一転できますよ。




シークレットノウハウレポート


ダイエットの話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

炭水化物 ダイエット

朝は時間がないから朝食は食べられない、朝から食べる気にならない、などの理由で朝食を抜いている人は多いと思います。

ところが、朝食を抜くと代謝が低下するので、エネルギーが効率よく消費されなくなり、太りやすくなってしまうそうです。



そこでおすすめなのが、朝食の代わりにバナナを食べるだけ、という「朝バナナダイエット」です。

バナナなら忙しい朝でも簡単に食べられますし、バナナによって体質が改善され、やせやすい体質に変わるそうです。



それでは、「朝バナナダイエット」を実践する際のポイントなどを説明します。

バナナは栄養素が豊富に含まれていますが、それ以外にも、安さ、甘さ、手軽さなど、ダイエットにとって嬉しい要素が詰まっています。

バナナに豊富に含まれている酵素により、体内にたまった毒素を集めて排出させてくれます。

その作用を充分発揮させるには、バナナをよく噛んで、水と一緒に食べましょう。



朝食にバナナを食べるのには、理由があります。

人間が排泄するのに適切な時間帯は、午前4時から正午までの時間帯だそうです。

この時間帯に肉や魚などを摂ってしまうと、これらの消化・吸収作用にエネルギーを使ってしまい、完全に浄化することができなくなります。

バナナには、豊富な酵素が含まれており、熟す段階においてすでに消化しているので、胃の中を10分程度で通過し、エネルギーを補ってくれるのです。



また、バナナはほとんど水分でできていることや、繊維が豊富に含まれていることから、便秘の人にはとてもおすすめの食品です。

さらに、カリウムの多いバナナは、塩分の摂り過ぎによる「むくみ」や「冷え」にも効果的に作用します。



このように、バナナは非常に私たちの身体にとって、優しい食べ物だということがわかりますね。

忙しい朝には、手軽で栄養満点のバナナを食べて、1日のエネルギーを補充してください。




シークレットノウハウレポート


ダイエットの話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

ウエスト ダイエット

ハリウッドセレブの間で話題となっているのが「1日5食ダイエット」です。

このダイエットを実践した「ジェシカ・シンプソン」は、2ヶ月弱という短期間で、65kgから54kgまで落ち、11kgの減量に成功したそうです。



「1日5食ダイエット」の魅力は、空腹を感じないことや、同じものを食べ続けるというストレスがないことです。

それでは、「1日5食ダイエット」の方法を紹介します。



まず、食事の半分に炭水化物を取り入れるようにします。

主食だけではなく、野菜や豆類、果物などの炭水化物を含む食品を、1食のうち半分を占めるようにします。

雑穀米や玄米、全粒パンは血糖値が上がりにくいので、おすすめです。



また、代謝を促すために、1食の3分の1に低脂質・高たんぱく質の食品を取り入れましょう。

1食で5~10gの食物繊維を摂ることも大切です。

効率的に食物繊維を摂取するには、野菜や果物の皮も食べるようにしましょう。

豆類も食物繊維が豊富に含まれています。



ビタミンを効率良く吸収するために、良質な油を選ぶことも大切です。

水やお茶などの、ノンカロリーの飲み物をたっぷりとることも心がけてください。



食事の仕方は、まず1日のうちに食事を5回摂る時間を決めましょう。

だいたい3時間おきに食事をすることになります。

このようにすることで、空腹を感じことがなくなり、インスリンを過剰に分泌させることが抑えられ、体脂肪が付きにくい体質になるそうです。

朝・昼・晩以外の2回の食事には、野菜や果物、豆乳などを活用するのがおすすめです。



一週間に5回、20、30分程度の軽いエクササイズやストレッチを行なうことも大切です。

週に5日なので、続けられるのではないですか?

エレベーターを階段に変えたり、通勤電車の中で立っていたりするだけでも、運動になりますよ。

ダイエットのために、日常生活の中で自然と行なえるように、少し工夫してみましょう。




シークレットノウハウレポート


ダイエットの話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

ダイエット カロリー

最近注目を浴びている「岩盤浴」は、短期ダイエットに効果的な新しい温浴施設です。

それでは、岩盤浴によって、どのような効果が得られるのでしょう。



岩盤浴の施設内に入ると、優れた機能の岩石から放出される遠赤外線によって、体の芯から温まり新陳代謝が促進されます。

そして、大量に出る汗とともに、体にたまった老廃物も体外へ排出してくれます。

このような作用から、岩盤浴はダイエットやリラックス効果があるといわれているのです。



岩盤浴でより効果的にダイエットを行なうには、一回に長い時間続けて入るのではなく、何回かに分けて入りましょう。

ダイエットのためだといって、つい無理をして長い時間粘っても、あまり効果がないそうです。

自分に合ったペースや体調によって、入る時間を決めましょう。

また、岩盤浴に入ると、汗を大量にかくので、必ず水分補給をしっかり行なうようにしましょう。



岩盤浴による大きな効果は、ダイエットや美肌などが挙げられます。

また、美しいボディーを手に入れられるだけでなく、神経痛や冷え性などの治療として利用されることもあるそうです。

岩盤浴を行なってすぐに体重が減るわけではないようですが、新陳代謝が促されるために、太りにくい体質になるそうです。

だから、適度な運動を併用すれば、ダイエット効果はより高まります。

最近の岩盤浴施設は、気軽に立ち寄ることができるものが多くあります。

あなたも、健康のために習慣的に岩盤浴に通ってみてはどうですか?




シークレットノウハウレポート


ダイエットの話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

食べ合わせ ダイエット

大豆気分の「豆乳クッキーダイエット」は、食事の代わりに食べるだけで、9日間で体重が4キロも減るそうです。

しかも、体調を崩すことなく、美しく健康的に、やせられるそうです。



「豆乳クッキーダイエット」は、1食分のカロリーが146kcalとかなり低いです。

たとえば、昼食を幕の内弁当にすると、摂取カロリーは約900kcalになります。

それを、「豆乳クッキーダイエット」に置き換えると、カロリーは6分の1に抑えられます。

それでも、空腹を感じることはなく、ストレスをためません。



その満腹感の秘密は「おから」にあります。

水分を含むことによって、重量が3倍以上に膨張するので、少しの量でも満腹感は十分あります。

しかも、食物繊維が豊富に含まれているので、ダイエット中でも便秘の心配がありません。



また、ダイエット食品ということを忘れてしまうほど、おいしく味にこだわっています。

原料となっている豆乳は、北海道十勝産大豆を使用しています。

「豆乳クッキーダイエット」は、ホテルなどで実績のある老舗ベーカリーショップのシェフが作り上げた、本格的な味わいを楽しむことができます。



「豆乳クッキーダイエット」の食べ方は、1日3食のうちに1食を、このクッキーと置き換えるだけです。

特に、3食のうちで一番高カロリーとなる夕食がおすすめです。

また、おからによる満腹感が十分得られるように、水分をコップ一杯以上摂るようにしてください。

おすすめの飲み物は、低脂肪乳や、ミルク入りのコーヒーや紅茶などです。

カロリーが気になるという人は、水か砂糖なしの紅茶でも良いです。




シークレットノウハウレポート


ダイエットの話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

ダイエットダイアリー

料理をするのが好きな人なら、ダイエットを実践するために、毎日の食事を工夫することは、案外簡単なことかもしれません。

普段よく使っている食材を、低カロリーの食材に代えられて、ダイエットを継続的に行っていくことは、そんなに手のかかることでも、つらいことでもないでしょう。

ダイエットをするからといって、高額なダイエット食品を購入しなくても、毎日の食事をダイエットバージョンに変えてしまうのも効果的ですよ。



たとえば、グラタンやクリーム煮を作るときに、高カロリーで脂肪分が多く含まれる牛乳や生クリームを使わず、豆乳で代用してみましょう。

豆乳に代えてみても、こくがあって充分おいしいですし、かなりカロリーが抑えられますよ。



また、サラダには欠かせないマヨネーズですが、高カロリーなのが難点です。

でも、最近ではカロリーハーフやカロリー4分の1などのマヨネーズも売られているので、どうしてもマヨネーズがやめられない人にはおすすめです。

さらにマヨネーズの代わりとして、ヨーグルトを使っても結構おいしいですし、カロリーもかなり減らすことができます。



煮込み料理や炒め物などで、仕上げに油を入れる料理がありますが、そのような料理でも、油を入れずに仕上げてみても、素材の味が引き立ち、意外とおいしいものですよ。



短期間でやせたいからといって、極端にカロリーの低い食材ばかりを食べていては、体調を崩したり、リバウンドの原因となったりしてしまいます。

ダイエット中の食事には、そのときの旬の食材を使用して、見た目にも楽しくなるような食卓にすることが大切です。




シークレットノウハウレポート


ダイエットの話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

ダイエットコーヒー

私たちの周りには、「短期間でやせられる」というダイエット食品や、ダイエットサプリメントが溢れています。

そのようなダイエット食品を利用しないとやせられない、と思い込んでしまっている人もいるかもしれません。

確かに、ダイエット食品でも効果が得られるものもありますが、毎回購入していては、かなり高額になってしまいます。



しかし、昔から日本には、「和食」というすばらしいダイエット食があることを忘れていませんか?

やせなければ、ダイエットしなければ、とあまり神経質にならず、毎日の食事を和食中心にするだけで、健康的にやせることができると思いますよ。



和食の主食といったらご飯ですが、「玄米」を使うとよりダイエット効果が上がります。

精白米よりも、玄米には多くの栄養素が含まれています。

そのため、ダイエット中に起こるさまざまな体の不調を予防し、偏りがちな栄養をバランスよく整える効果があります。



また、玄米に加えて、いろいろな種類の雑穀を混ぜるのも良いでしょう。

白米に混ぜ込むだけで、簡単に食べられる発芽玄米を利用するのも効果的です。

玄米がどうしても苦手という人は、三分づきでも充分栄養が残っていますし、五分づきならば、白米と同じ感覚で食べられます。

それらに慣れたら、少しずつ玄米に近づけていきましょう。



ダイエット中は、炭水化物はほとんど食べないようにしている人もいるでしょうが、栄養が豊富に詰まった玄米は、ダイエットには最適な食材なので、ぜひ食べるようにしてください。

ただ、和食は健康的だからといって、食べ過ぎてはいけません。

ダイエットをしていなくても、体を健康に保つには、「腹八分目」にするのが理想的です。




シークレットノウハウレポート


ダイエットの話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

くわばた ダイエット

ダイエットを始めようと思っても、その方法にはさまざまな種類があります。

わたしたち人間には、それぞれの個性があり、特徴をもっています。

だから、ダイエット方法にも、それぞれに合ったものがあるはずです。



友達があるダイエット法を行なったら成功したから、ある方法の体験談によると、かなりの人が成功しているから、といってそれが自分に合っているというわけではありません。

同じダイエット法で、全ての人が共通して成果がでることはないので、注目されているからやってみよう、とすぐに試そうとするのは良くないです。

そのダイエット法を行う前に、自分の性格に合っているのか、自分は本当に続けられるか、ということを、よく確認することが大切です。



また、とくに夏が近付いてくると、極端な内容のダイエットを短期間で行なおうとしてしまいがちですが、健康的なダイエットで成功するには、長い期間が必要となることも多いです。

体に負担をかけたり、体調を崩したりしないように注意して、ダイエットの計画を立てるのが大切です。



自分に適したダイエット方法を選ぶ際は、自分の体型や体質、そして性格などもよく考慮してから、決めるようにしてください。

自分に合わない方法で無理に行なっていても、絶対に長続きせずに挫折してしまいますよ。

また、ダイエットを開始してから、とてもきつくて続けられそうにないと感じたら、その方法は自分には適していないと判断して、早めにやめて他の方法を試したほうが良いこともあります。




シークレットノウハウレポート


ダイエットの話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

腰回しダイエット

ダイエットをしたことがある人や、ダイエットで挫折した経験がある人が、ダイエットを実践する中で、もっとも苦労することはみんな同じだと思います。

それは、体重を落とすことではなく、減った体重をキープさせること、ではないでしょうか。

短期ダイエットによって、理想の体重まで一時的に減らすことは、それほど大変なことではないと思います。

しかし、その体重をこれからずっと維持していくには、大変な努力が必要になってくるはずです。



本当のダイエットの苦労をよくわかっている人は、目標の体重やダイエットを行なう期間を決めないで、ダイエットを日常生活の中に取り込み、習慣的に行なっているかもしれません。

この場合、ダイエットとは「やせるための方法」ではなくて、「健康的で美しい体づくり」として生活習慣の一部となっています。



太っていて、良いことはないと思います。

肥満になると、生活習慣病などを引き起こしてしまう原因にもなります。

だから、普段から健康的な生活習慣を心がけることは、とても大切なことなのです。

現在の段階では、とくにダイエットする必要のない人でも、将来のことを考慮して、食事のカロリーを調節したり、適度な運動をしたりして、規則的な生活を送ることを心がけましょう。



ずっと健康的で美しい体を保ちたいと願うのなら、ダイエットが終了することはないのかもしれません。

ただ、生活の一部として、ダイエットを取り込むことができたら、それほど大変なことではないですよ。




シークレットノウハウレポート


ダイエットの話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

水 ダイエット

脂肪細胞は、一つ一つの細胞の大きさが小さくなればやせて、大きくなれば太るそうです。

このことに着目して、開発されたダイエットサプリメントが「セルスリムダイエット」で、1ヶ月でマイナス5キロも実現できるそうです。



やせている人と太っている人の違いには、脂肪細胞の大きさも関係してくるそうです。

やせている人の脂肪細胞に比べて、太っている人の脂肪細胞は、生活習慣の乱れなどによって約5倍に膨張します。

さらに、重さや体積にすると最大で125倍にもなるそうです。

このように、体脂肪の量が増すことで、太ってしまうのです。



食べ過ぎによって、余分となったエネルギーは脂肪に変わり、脂肪細胞に蓄積されてどんどん大きくなります。

これがつまり太るということです。

「セルスリムダイエット」は、この脂肪細胞の膨張に注目して、太る原因となる脂肪細胞に作用します。



それでは、「セルスリムダイエット」を1週間試した人の体験談を紹介します。

ある人は、高カロリーの食事を見直して、毎日4粒「セルスリムダイエット」を飲みました。

それだけで、体重が一週間で2キロも減ったそうです。

その後、軽いストレッチも行なうようにしていたら、体が軽くなり、むくみが治ったり、便秘が改善されたりしたそうです。

それまで行なってきたダイエット法の中で、もっとも効果があったみたいですよ。



ダイエット効果が現れた人の多くが、「セルスリムダイエット」を飲んで、適度な運動を心がけているようです。

運動をする時間がない人でも、できるだけ歩くことを心がければ、ダイエットの効果はあるみたいです。




シークレットノウハウレポート


ダイエットの話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)

Copyright © 話ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。