スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

セルライトのつきやすい場所

体の中で脂肪細胞が最も多い場所に多く見られる傾向があるのが、最近よく耳にするセルライトです。

脂肪細胞にはレセプター(受容体ともいわれます)がついていて、このレセプターの役目は脂肪の貯蔵や、脂肪の放出をコントロールすることです。

脂肪が増えたり減ったりするのはこのレセプターが機能しているからです。

男性と比べて女性の場合は脂肪細胞の中に、このレセプターが下半身に多く配置されているので、特に太ももは太りやすく、痩せにくいのです。

例えば太ももの脂肪細胞のレセプターの放出と貯蔵のバランスは均等な数ではなく、放出が1つで貯蔵が6つとなっています。

ということは、脂肪を放出するドアが1つしか無いのに比べて、脂肪を貯蔵するドアが6倍もあるということになるのです。

ですから、必然的に太ももは体の上半身などのほかの部位に比べて痩せにくくなっていることがわかっていただけたでしょうか。

結果的に、セルライトができやすい部分になっているのが、下半身の中でも太ももなのです。

一方、この脂肪に対するこれらの機能をみてみると上半身は、下半身とは全く逆なので、痩せやすく、太りにくいのです。

スポンサーサイト


ダイエットについて | | トラックバック:(0) | コメント(-)
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 話ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。