スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

体脂肪率をチェックしよう

自分が肥満しているかというようなことや健康状態を知るためには、体脂肪率を計測することで、それをチェックしていくという方法があります。

測定にはいくつかの方法がありますが、水中体重測定法、空気置換法、二重X線呼吸法、皮下脂肪厚法、生体インピーダンス法などがあります。

これらの方法があるものの、なんとも聞き慣れないものばかりで難しく聞こえますが、体脂肪計で計れば簡単に測定できることなのです。

まず自分の体重が標準体重を超えていて、余分な脂肪が存在しているかを知るために、とにかく体脂肪率を計る前に自分の体重を調べてみましょう。

標準体重と比べた場合の数値はあくまでも目安で、体重の重さイコール肥満ではありません。

そうして体脂肪率チェックへと移りますが、日ごろ運動をしている人とあまり運動をしていない人とでは、たとえ体重と身長が同じだとしても、筋肉と脂肪とで身体を占める割合が違ってくるのです。

このように、あくまでも体脂肪率を基準にして、体重を減らさなければならないのかどうかを決める必要があるでしょう。

なるべく同じ状態であるときを選んで体脂肪率を計るのが大切なことです。

体脂肪率計測結果により、体重を減らさなければならないほどではなかったとしても、身体は生活環境や年齢などにも左右されるものですから、やはりそれを保っていけるよう気を付けなければならないでしょう。

そして体重を減らさなければならなかったとしても、激しいダイエットは身体にいいことは何もないので、決してしないようにしなければなりません。

まずは食生活や生活習慣の改善をし、無理のないダイエットをしてください。

体脂肪率をチェックすることは、太っているか痩せているかを判断することではなく、健康に生きていくための判断基準であることを忘れてはいけませんね。

スポンサーサイト


ダイエットについて | | トラックバック:(0) | コメント(-)
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 話ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。