スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

メタボリックシンドロームとは?

今雑誌やテレビ、様々なものからしきりに目や耳に入ってくるメタボリックシンドロームという言葉がありますが、メタボリックは代謝を、シンドロームは症候群という意味を表しています。

メタボリックシンドロームというと、単に内臓脂肪が多すぎる状態をさしていると思われがちですが、これは内臓脂肪肥満症のことをいい、高血圧、高血糖、高脂血症といった生活習慣病がもたらされている状態をいうのです。

体脂肪率が高くなると、このメタボリックシンドロームになりやすいわけで、それが心筋梗塞や脳梗塞といった恐ろしい病気の原因になるわけですから、そんな人は要注意です。

運動不足や過食が生活習慣であるのが原因とされています。

まずは余分に蓄積した体脂肪を減らすために、ウォーキングなどの有酸素運動や筋肉トレーニングなどを取り入れ、運動不足を解消し、食生活を見直すなどの生活改善が必要です。

一般的にメタボリックシンドロームが急増する時期があるといわれ、それは40歳を超える頃だそうです。

その疑いがある人を「予備群」と言いますが、食の欧米化などで、年齢に関係なく若いうちからも注意が必要だとされています。

とにかく体脂肪が増えてしまうことは、メタボリックシンドロームを引き起こす原因になっていることは間違いありません。

体脂肪が身体にたまっていくのは、人が生きていくために必要な機能で、それはひとつの人間の本能なのです。

生まれつき体脂肪を蓄積しやすい人もいるわけで、これを「肥満遺伝子」と言いますが、特にこの遺伝子を持つ人は、食生活改善の必要があります。

体脂肪の過剰な蓄積は体に悪影響を及ぼしますから、その前に予防することが大切なのですね。

体脂肪率をきちんとチェックして、恐ろしいメタボリックシンドロームを防ぐようにしましょう。





冬は里山 鶏岳(668m)
初!発熱
太るメカニズム。
健康になれると噂のKUROい食材
簡単 ダイエット 方法
メタボ!
『糖尿病 食事』ダイエット食品が必要か
清祥茶房
社労士会の新年賀詞交歓会で
受動喫煙は防止できるか?
自分用めもめも
スポンサーサイト
ダイエットについて | | トラックバック:(0) | コメント(-)
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 話ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。