スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

太りにくい体になる

ただダイエットを成功させるだけではなく、痩せた後も「太りにくい体になる」にはどうしたらよいのでしょうか。

実は筋肉をつけることによって、体の基礎代謝を高めることができるのですが、この基礎代謝の高さこそが太りにくい体の秘訣です。

筋肉はたんぱく質からできており、筋繊維があつまった組織です。

この筋繊維を鍛える運動が無酸素運動です。

その代表的なものは筋力トレーニングやダンベル体操などでしょう。

だからといって普段まったく運動の習慣のない人がいきなり全力で無酸素運動を行うと、体の筋肉や関節を痛める可能性があります。

ハードな運動ではなく毎日筋肉に少し負担をかける程度のゆっくりとした運動を行うと良いでしょう。

たとえ効果があるといっても短距離走や重量挙げのような、息を止めて行うような無酸素運動は一般の人には体に負担がかかるので、やめておきましょう。

太りにくい体を作るために、おすすめな運動はいつでも気軽にできる静的運動です。

静的運動とは歩いたり、走ったりせずに体を固定して行う運動のことをいい、押す・引くなど筋肉の収縮を持続させる等尺性運動と呼ばれるものと、筋肉を繰り返し使う等張性運動の2つがあります。

どちらも筋肉の強化に有効ですので、1日数回1セットを毎日続けると効果があります。

ストレッチや腹筋運動などで、お尻やお腹まわり、腕や脚などの筋肉を鍛えましょう。

それが太りにくい体を作ることにつながります。

無酸素運動で筋肉鍛えながら、ウォーキングなどの有酸素運動で脂肪を燃焼させて、太りにくい体作りをしていきましょう。

スポンサーサイト


ダイエットについて | | トラックバック:(0) | コメント(-)
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 話ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。