スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

抜け毛の原因

髪の毛はどうして抜けるのでしょう。

抜け毛で悩みたくはありませんよね。

毛は抜けるのは自然な現象で、新しい毛に常に生え替わるようになっています。

重要なのは抜ける毛と生える毛のサイクルが合わないことで、サイクルがズレると薄毛の原因になります。

抜け毛の原因はいくつか考えられています。

抜け毛は男性に多いですよね。

抜け毛の悩みをかかえている男性はたくさんいます。

男性ホルモンが関係しているからです。

「テストステロン」という男性ホルモンは、5αリダクターゼという酵素によって「デヒドロテストステロン」という物質に変換されます。

これが髪の成長を阻害し、髪の毛が早く抜ける原因物質として毛細胞に働きかけているのです。

こ男性ホルモンによって発毛が抑制される体質は、親から子に受け継がれるといわれています。

それからストレスのよっても抜け毛は起こります。

ストレスを感じると体の筋肉が硬くなります。

それによって血管が収縮してしまい、毛細胞に栄養がいかなくなります。

何でもそうですが、栄養がないと育ちませんよね。

髪も同じです。

抜け毛で悩みストレスをためたことが原因でますます薄毛に、という悪循環にならないように。

また、バランスのよい栄養摂取は体の健康だけでなく髪の健康にも大切です。

偏った食生活や生活習慣の乱れは、毛髪の再生サイクルを乱し、抜け毛の原因になります。

髪は主に夜中に成長するので、夜中にぐっすり眠ること、規則正しい生活を維持すること大事です。

また、食生活が乱れると髪の成長に必要なたんぱく質、ミネラル、ビタミンが足りなくなります。

抜け毛を防ぐためにも正しい食生活を習慣づけましょう。

アルコールやニコチンも髪の再生に悪影響です。

適度なアルコールは血流をよくしますが飲み過ぎは逆効果ですし、タバコは健康だけでなく髪にもよくありません。

洗髪にもコツがあります。

頭皮に爪を立てて強く洗ったり、シャンプーを洗い流しそこねたりすると地肌が痛み、髪にとっては逆効果にもなります。

ドライヤーもかけすぎは厳禁。

カラーリングやパーマも気をつける必要があります。

抜け毛の原因は色々ありますが、男性ホルモンによる遺伝以外は日々の生活の中で改善できるものでもあります。

原因を知ることは解決手段を知る一歩になります。

スポンサーサイト


美容の話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 話ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。