スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

肌荒れの原因と対策

肌の水分が減ってかさかさになった状態を肌荒れした状態といいます。

冬になると特に乾燥肌の人が悩まされる症状で、しみ・しわなどの別のトラブルがおこってしまうきっかけとなります。

女性の皮脂は男性に比べてもともと少ないので25歳くらいから減少していきます。

皮脂の量が少ないと肌荒れの原因となります。

それは肌から水分が逃げやすくなり、最近が繁殖しやすくなることによって、肌のうるおいがなくなるからです。

目の周りが荒れやすいのは皮膚が薄くて皮脂腺が少ないので肌荒れしやすいです。

またストレスが原因で、肌のかさつきや、ニキビができる、痒みが出るなどの肌荒れがおこることがあります。

免疫力を低下させるストレスは、ホルモンバランスを乱すなど、皮膚に影響をおよぼします。

それにより、肌荒れの症状がおこってしまうのです。

ストレスで眠れなくなってしまったり、食生活が乱れたりするのも肌荒れの原因となります。

皮膚の脂肪の分泌を促すのは男性ホルモンです。

それが減少すると角層が乾燥してひび割れた状態になるので、肌荒れがおこります。

湿度が高く、汗をかきやすい暖かい季節は肌の潤いを比較的保ちやすいものです。

しかし汗もかかず空気が乾燥する寒い季節は肌荒れが起きやすくなります。

それで冬になると肌がカサカサするのです。

肌荒れ対策としては、洗顔をするときも、熱いお湯だけで皮膚の脂肪はかなり落ちてしまうので、ぬるま湯で顔を洗い、その後に水で顔を洗います。

そうすると毛穴が引き締まり、潤いが保たれ、肌荒れ対策になります。

スポンサーサイト


美容の話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 話ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。