スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

化粧水の成分について

様々な化粧水がありますが、含まれているものには共通点があります。

それはグリセリン、BG(ブチレングリコール)、エタノール、DPG(ジプロビレングリコール)です。

そこに高分子成分、界面活性剤、エキス類、増粘剤などを加えて肌を整える化粧水ができあがります。

化粧水には閉塞性の膜を作り肌をなめらかな状態に保つ成分が必要ですが、これは、コラーゲンやヒアルロン酸の役割です。

空気中の水気を肌に引き寄せ、皮膚の乾燥を防ぐ役割をもっています。

そして肌の保湿効果に優れている、オリーブオイルやホホバオイルを乳化させたものも配合されます。

これらは肌に膜を作り、肌からの水分蒸発を防いでみずみずしさを保つ効果を持っています。

化粧水には糖質を含む成分も配合されています。

グリセリンやアミノ酸類マルチトールなどがそうで、これらの成分は真皮から角質層に浸透し発揮します。

それらは水分を補給する効果を持っています。

化粧水にはグリセリンやヘダインなどの低成分子で、肌に浸透する成分が入っています。

そしてヒアルロン酸や、コラーゲンのような、膜を張って肌の表面に留まる成分が入っています。

化粧品はこの2種類で構成されています。



スポンサーサイト


美容の話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 話ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。