スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

化粧水の種類

だいたい4つの種類から、化粧品は成り立っています。

まず、一般化粧水です。

洗顔後の利用が主で、肌荒れや肌の乾燥を防ぐことを目的として使われています。

水とアルコール成分をベースに、保湿効果のあるグリセリンを配合し乳化剤や香料を加えたものが主で、アルコール敏感肌のためのノンアルコール製品も作られています。

次にアルカリ性化粧水です。

大半の化粧水は、中性もしくは、弱酸性ですが、ごく少数でアルカリ性化粧水があります。

アルカリ性化粧水は、グリセリン、アルコール、水酸化カリウムなどが配合されていてヒビ、あかぎれなどにおすすめです。

長期間の使用によっては肌に負担がかかり皮膚が薄くなることがあるので注意が必要です。

収斂化粧水は酸性の化粧水で、収斂剤の作用によって肌理を整える効果があります。

収斂作用によって毛穴を引き締める効果があり、脂性肌の人に適した化粧水といえます。

拭き取り化粧水はフレッシュナーともいわれ、コットンなどに含ませて皮膚を拭うように使用します。

薄化粧落としに使うこともできますし、使用後のコールドクリームなどを落とす働きもあります。

肌を洗顔する目的で使える、非常に手軽で使いやすい化粧品です。




スポンサーサイト


美容の話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 話ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。