スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

ピーリング化粧品の種類

ピーリング効果をもたらす化粧品には様々なものがあり、AHAピーリング、サリチル酸ピーリング、サリチル酸マクロゴールピーリング、TCAピーリングといった化粧品があげられます。

グリコール酸(フルーツ酸)を使ったケミカルピーリングは、日本において自宅でもできる一番人気といえるピーリング化粧品です。

ピーリングの効果は、日本人や韓国人、中国人などの黄色人種の人が持つ肌質に対して、大きすぎる場合があり、そのためにお肌にシミができてしまうときがあります。

強いピーリングはあまり適さないと言われています。

ピーリング化粧品以外にも、施術としておこなわれるピーリングではグリコール酸(フルーツ酸)を適切に使用することがあります。

これで黄色人種の肌のタイプには強くききすぎるピーリングも安全で、なおかつ効果的に働くようです。

もうひとつ、ピーリング効果をもたらす成分にリチル酸がありますが、これは医薬品として合成されたものとしては初めての有機化合物の一つです。

このようなリチル酸でピーリングを行えば、グリコール酸ピーリングではあまり効果が出なかった方や、ひどいニキビ跡が悩みの種だった方、小ジワが気になっている方なども満足を得られることでしょう。

ピーリングで使われるリチル酸は、エタノールに解かしてから用いられています。

しかしこのリチル酸使用後に炎症などの副作用が起こる場合があることがわかり、安全面を再度検証する必要があるようになりました。

そのため施術を行うのは、容易なことではないといわれるようになりました。

日本人のような色素の多い人の場合には、やはりリチル酸を使わずに、低濃度のフルーツ酸を何度か重ねて塗るというケミカルピーリングの方法が、最も安心してできる方法でしょう。

世界初!分子ピーリングの発毛・育毛ミスト[M-1]


家庭で行うケミカルピーリング
美容整形、自宅でするつもりが・・・
家庭で行うケミカルピーリング
化粧品
一般女性はどれくらい費用をかけるもの
地上40m★宝石箱のような露天風呂
スポンサーサイト
美容の話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 話ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。