スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

明日葉茶について

セリ科の多年草に明日葉という日本特有の植物があり、紀伊半島や房総半島、伊豆半島生育しています。

これが明日葉茶の原料となります。

明日葉がつける白い花は、形が天使のリングによく似ています。

このことから、エンジェル(天使)を意味する「アンゼリカ」というロマンティックな学名がつけられています。

花が咲く時期は夏から秋にかけてです。

明日葉の名前の由来は、「今日葉を切っても明日にはまた芽を出す」ことからです。

生命力が強いのですね。

高さは約1メートルほどで、とても大きな羽のような形をした葉がつきます。

あしたぐさ、はちじょうそうとも呼ばれています。

寒さにはあまり強くないので、冬でも暖かいような場所にしか生えません。

明日葉は栄養価の高い食物で、植物ですから食物繊維はもちろんありますし、カルシウムやカリウム、ビタミンB2、鉄などが含まれています。

葉や茎を切ったときに出てくる明日葉特有の黄色い色素には、「カルコン」と「クマリン」という成分が含まれていて、それは抗菌作用を持っています。

明日葉の強い生命力と、高い栄養価によって、健康食品としての注目が集まっているわけですね。

明日葉から作る明日葉茶は健康食品として人気があります。

また、明日葉はセルライト除去でマスコミに話題になったこともあります。

明日葉の若葉や新芽を蒸して乾燥させると、明日葉茶ができあがります。

春から夏にかけての時期のものが向いています。

明日葉は独特の風味がありますので、好き嫌いが沸かれるかもしれません。

色々な明日葉茶が販売されているので、自分に合うものをさがしましょう。

健康によく、たくさんの効果のある明日葉茶。

ティータイムのお供に、ちょっとしたリラックスタイムに、習慣づけてみてはどうでしょう。



スポンサーサイト


美容の話題 | | トラックバック:(0) | コメント(-)
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 話ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。