スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

自分の身体を数値化するために

自分の身体を数値化するために、よく使われるものがあります。

それが身長と体重から肥満度を測定するBMI値体脂肪率です。

これらの数値を利用して、自分の身体の現状を把握することが出来ます。

ダイエット成功のための指標として使われるBMI値ですが、ボディ・マス・インデックスの略称です。

自分の身長と体重から肥満度を測定する指数となります。

体重÷身長で数値が出てきます。

自分の身長はだいたい把握できていると思いますので、自宅の体重計で体重を量って、BMI値を出してみましょう。

BMI判定表によると、導き出された数値が17.6以下だとやせすぎとなり、17.6から20だとやせ気味20から24だと正常となります。

24から26.5だと肥満気味26.5以上だと肥満と判断されます。

筋肉量や体脂肪率などの個人差はありますが、自分の体型が平均と比べて、どうなのかを調べる上では一つの数値となるでしょう。

ところで自分の脂肪がどの部分に多く付いているか分かっているでしょうか。

肥満には上半身肥満と下半身肥満があります。

下半身型は一般的に女性に多いと言われています。

洋ナシ型や皮下脂肪型とよばれています。

そして上半身型は男性、女性ともに多く、リンゴ型、隠れ肥満型、内臓脂肪型とよばれています。

これらのタイプの人は生活習慣病予備軍として注意が必要です。




スポンサーサイト


スポーツダイエット | | トラックバック:(0) | コメント(-)
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 話ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。