スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

下半身ダイエット・・・エクササイズ

下半身の太さがどうしても気になる方、下半身を中心にダイエットしたい方は多くいるのではないかと思いますが、下半身を引き締めるひとつの方法がやはり、日々のエクササイズであると言えます。

フィットネスクラブに行けるのであれば一番良いのですが、自宅でもできるヒップから太ももにかけてのエクササイズの方法のひとつとして、スクワットがあげられます。

しゃがんだ姿勢から太ももの力で徐々に立ち上がり、完全に立ち上がった時にヒップから太ももの裏の筋肉が完全に収縮されるように意識して立ち上がり、完全に収縮された状態を約2秒保ちます。

そして、ゆっくりとスタートのしゃがんだ位置まで戻します。

しゃがんだ時にヒップから太ももの裏側が完全に伸びる状態を意識します。

この繰り返しがスクワットです。

次に、ふくらはぎのエクササイズです。

ふくらはぎには大別して2つの大きな筋肉があるのですが、ひとつは、背伸びしてふくらはぎの裏側が2つに割れる筋肉、もうひとつはその筋肉の外側にあるヒラメ筋です。

フィットネスクラブに行けば、それ専用のマシンがあるかもしれませんが、ここではフルレンジの動作を心がけます。

階段や小さな段差などを利用し、スタート位置のふくらはぎの筋肉が完全に伸びた状態にし、ふくらはぎの裏側の筋肉を使い徐々に背伸びするように上げていきます。

上まで上がった状態でふくらはぎの裏側の筋肉を収縮させ、この状態で2秒ほど保ちます。
この時ふくらはぎの外側のヒラメ筋も使っているかどうか触って確認します。

自分の体重では軽いようならダンベルなどを持ってやると良いです。

回数に関しては、スクワット、ふくらはぎ共15~20回が目安になりますが、ふくらはぎのエクササイズはもう少し増やして30回ほどでも良いのではとされています。

重量に関しては上記の回数を全力でやってやっとできるくらいの重さに設定します。
これを2~3セットするのが適当なようです。

ダイエットを目的としているなら、これらのエクササイズは毎日行っても構わないようですが、
時間がとれない場合は有酸素運動を優先した方が良いようで、1日、2日間隔が空いても気にする事は無いようです。

ひとつ気に留めていただきたいのは、ダイエットをする場合、まずは食事と運動の差し引きが大きな要素になってくるので、部分痩せすることだけを目的としてエクササイズだけしてもあまり効果はないようです。

部分痩せをする前に全身のダイエットを優先させる事が大切で、バランスを考えながら全身のダイエットをしたうえで、どうしても気になる場合は下半身痩せなど、部分的なダイエットを取り入れるのが大切になってきます。

かなり多くの人が下半身痩せなどを望んでいるようですが、多くの場合普通のダイエットで解消される事が多いようです。



スポンサーサイト


ダイエットの種類 | | トラックバック:(0) | コメント(-)
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 話ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。