スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | | トラックバック(-) | コメント(-)

水 ダイエット

「国立病院ダイエット」は、危険なダイエット法として知られています。

このダイエット法は、「デンマーク国立病院で考案された」とか、「アメリカの病院Mayo Clinicで開発された」と言われていますが、そのどちらも作り話だそうです。



このダイエットを行なうと、2週間で体内組織の中で化学変化が起きる、と言われています。

しかし、実際のところ、体内組織において化学変化が起きることは、あり得ないのだそうです。



また、このダイエットを終えた頃に、体内組織が変化して、余計な栄養素を必要としなくなるので、食欲がなくなり太りにくい体質なると言われます。

ところが、はっきり言ってあり得ないことだそうです。

実際は、まったく反対で、体内組織が不足している栄養を欲するので、リバウンドして必ず太ってしまいます。



さらに、卵を食べることをすすめるこのダイエット法は、コレステロール値が高くなることがあり、大変危険と言えます。

最悪の場合は、心筋梗塞を引き起こしてしまう場合もあります。

また、全体的に栄養が偏っているので、体調を崩すこともあります。



この「国立病院ダイエット」をはじめとして、私たちの周りには、栄養バランスが偏っていて、しかもカロリーが極端に低いダイエットが溢れています。

このようなダイエット法を実践して、深刻な症状を引き起こしてしまった人は多いと思います。

さらに、これらの方法でやせたとしても、必ずリバウンドして元に戻ってしまったり、それ以上に太ってしまったりする場合もあります。

やはり、3食バランスの良い食事を摂り、適度な運動を心がけることが、もっとも効果的なダイエットでしょう。




ダイエット通販


ダイエットについて | | トラックバック:(0) | コメント(-)

ダイエット 料理

私たちの身体は、エネルギーを備蓄するために体脂肪をためようといます。

まら、体脂肪以外にも、グリコーゲンとして肝臓や筋肉にエネルギーをためています。

そして、栄養が不足した場合に、グリコーゲンなどのエネルギーを優先的に使おうとします。

だから、余分な体脂肪を減らすには、グリコーゲンなどの備蓄されたエネルギーを、まず使い切ってしまうことが先になります。

そこで、肝臓、筋肉、そして血中の栄養すべてを使い切って、最後に残された体脂肪をもっとも効率よく燃焼させるには、断食することが最適だそうです。



断食は多くの宗教で行なわれているように、精神修養にとっても大きな役割を果たします。

最近の研究からは、断食をすることで、免疫機能が増強されたり、ストレスをためにくくなったり、リラックス感を得たりする効果があることがわかっています。



ただ、長期間の断食をすると、エネルギーの供給が体脂肪では追いつかなくなり、エネルギーとして体内にあるたんぱく質、つまり筋肉が使われてしまいます。

そうなると、筋肉が落ちてしまい、リバウンドの原因となるので、2日以上の断食は行わないようにしましょう。



おすすめの断食のやり方は、1日目が断食の準備日、2日目が断食本番、3日目が復帰の日、と3日間で段階的に行う断食法です。

この方法なら健康を損なうこともないですし、金曜日に準備をして、土曜日は断食を行い、日曜日は復帰、と週末を利用すれば、毎週行なうことができてとても効果的です。




ダイエット通販


ダイエットについて | | トラックバック:(0) | コメント(-)

ダイエットスープ

正しい「プチ断食」の進め方を具体的に紹介します。

「プチ断食」は3日間で行なうので、土日休みの人は、週末を利用すると良いです。

それでは、金曜日から始めるとして、説明していきます。



まず1日目の金曜日は、「予備断食」とします。

1日目から急に何も食べずに、お腹の中を空っぽにしてしまっては、胃が傷ついたり、ムカついたりします。

2日目の本断食がスムーズに進められるために、次のことに注意してください。

昼食は、お腹いっぱい食べずに、腹八分目までにしましょう。

夕食は、寝る3時間前には済ませて、いつもの半分程度の量にしてください。

1日を通して、いつもより多めの水分を摂るようにしてください。

また、お酒は控えましょう。



2日目の土曜日は、いよいよ「本断食」です。

水以外のものは何も食べたり飲んだりしてはいけません。

断食をすると、一時的に血圧や血糖値に低下することがあるので、激しい運動はしないでください。

ゆっくりと散歩したり、公園やお部屋で読書をしたりして過ごすと良いでしょう。

また、脱水状態になりやすいので、いつもよりも水を多めに飲むようにしてください。

しっかりと予備断食を行なった人は、お昼を過ぎた頃に、脂肪燃焼機能が働きだしたことを感じるかもしれません。



3日目の「復帰」の時期は、もっとも断食において重要となります。

よりダイエット効果を上げるためにも、朝食はお粥一杯を、よく噛んでゆっくりと食べましょう。

朝食を摂る前に、散歩を軽くするくらいの気持ちをもてると良いです。

断食したことによって、味覚や嗅覚、視覚などが敏感になっているので、梅干一粒とお粥一杯だけでも、驚くほどおいしく感じると思います。

なお、この日の昼食と夕食は、いつもの半分くらいの量にしましょう。

ここで思いっきり食べてしまうと、せっかくの断食の効果が台無しになってしまいます。



「プチ断食」はたった3日間ですが、修行した気分になり、きっと心も身体も心機一転できますよ。




ダイエット通販


ダイエットについて | | トラックバック:(0) | コメント(-)

ウォーキング ダイエット

朝は時間がないから朝食は食べられない、朝から食べる気にならない、などの理由で朝食を抜いている人は多いと思います。

ところが、朝食を抜くと代謝が低下するので、エネルギーが効率よく消費されなくなり、太りやすくなってしまうそうです。



そこでおすすめなのが、朝食の代わりにバナナを食べるだけ、という「朝バナナダイエット」です。

バナナなら忙しい朝でも簡単に食べられますし、バナナによって体質が改善され、やせやすい体質に変わるそうです。



それでは、「朝バナナダイエット」を実践する際のポイントなどを説明します。

バナナは栄養素が豊富に含まれていますが、それ以外にも、安さ、甘さ、手軽さなど、ダイエットにとって嬉しい要素が詰まっています。

バナナに豊富に含まれている酵素により、体内にたまった毒素を集めて排出させてくれます。

その作用を充分発揮させるには、バナナをよく噛んで、水と一緒に食べましょう。



朝食にバナナを食べるのには、理由があります。

人間が排泄するのに適切な時間帯は、午前4時から正午までの時間帯だそうです。

この時間帯に肉や魚などを摂ってしまうと、これらの消化・吸収作用にエネルギーを使ってしまい、完全に浄化することができなくなります。

バナナには、豊富な酵素が含まれており、熟す段階においてすでに消化しているので、胃の中を10分程度で通過し、エネルギーを補ってくれるのです。



また、バナナはほとんど水分でできていることや、繊維が豊富に含まれていることから、便秘の人にはとてもおすすめの食品です。

さらに、カリウムの多いバナナは、塩分の摂り過ぎによる「むくみ」や「冷え」にも効果的に作用します。



このように、バナナは非常に私たちの身体にとって、優しい食べ物だということがわかりますね。

忙しい朝には、手軽で栄養満点のバナナを食べて、1日のエネルギーを補充してください。




ダイエット通販


ダイエットについて | | トラックバック:(0) | コメント(-)

水泳 ダイエット

ハリウッドセレブの間で話題となっているのが「1日5食ダイエット」です。

このダイエットを実践した「ジェシカ・シンプソン」は、2ヶ月弱という短期間で、65kgから54kgまで落ち、11kgの減量に成功したそうです。



「1日5食ダイエット」の魅力は、空腹を感じないことや、同じものを食べ続けるというストレスがないことです。

それでは、「1日5食ダイエット」の方法を紹介します。



まず、食事の半分に炭水化物を取り入れるようにします。

主食だけではなく、野菜や豆類、果物などの炭水化物を含む食品を、1食のうち半分を占めるようにします。

雑穀米や玄米、全粒パンは血糖値が上がりにくいので、おすすめです。



また、代謝を促すために、1食の3分の1に低脂質・高たんぱく質の食品を取り入れましょう。

1食で5~10gの食物繊維を摂ることも大切です。

効率的に食物繊維を摂取するには、野菜や果物の皮も食べるようにしましょう。

豆類も食物繊維が豊富に含まれています。



ビタミンを効率良く吸収するために、良質な油を選ぶことも大切です。

水やお茶などの、ノンカロリーの飲み物をたっぷりとることも心がけてください。



食事の仕方は、まず1日のうちに食事を5回摂る時間を決めましょう。

だいたい3時間おきに食事をすることになります。

このようにすることで、空腹を感じことがなくなり、インスリンを過剰に分泌させることが抑えられ、体脂肪が付きにくい体質になるそうです。

朝・昼・晩以外の2回の食事には、野菜や果物、豆乳などを活用するのがおすすめです。



一週間に5回、20、30分程度の軽いエクササイズやストレッチを行なうことも大切です。

週に5日なので、続けられるのではないですか?

エレベーターを階段に変えたり、通勤電車の中で立っていたりするだけでも、運動になりますよ。

ダイエットのために、日常生活の中で自然と行なえるように、少し工夫してみましょう。




ダイエット通販


ダイエットについて | | トラックバック:(0) | コメント(-)

Copyright © 話ダイエット All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。